• 社会医療法人 雪の聖母会 聖母の家 地域医療事業部
    • お電話でのお問い合わせ 0942-34-3573(代)  
          
      •   
      •  
    • 交通アクセス
  • 文字サイズ

    • 標準
    • 拡大
  • サイト内検索 

閉じる


準備中です。

お知らせ一覧

  • 2017.10.11 プレスリリース 第5回 てあらいフェスティバル

    2017年10月15日(日)、第5回 てあらいフェスティバルを開催します。

    詳しくはこちらのページをご覧ください。
  • 2017.10.04 看護師特定行為研修指定研修の募集要項を公表

     聖マリア病院は8月2日、厚労省より福岡県初の特定行為研修指定研修機関の指定を受けました。同日開催された医道審議会の第14回看護師特定行為・研修部会(部会長・桐野高明東京大学名誉教授)での審議を経て、他の13機関とともに認定されました。これで指定研修機関は54となりました。
     特定行為は、高齢社会の進展と医師不足などを背景に、21区分38行為について看護師が必要な知識や技術を身につける研修を修了していれば、あらかじめ医師や歯科医師が作成した指示書に従って実施できる一定の診療補助です。これを可能とする国の看護師特定行為研修制度は2015年10月にはじまり、2017年3月末までに25都道府県40機関が研修機関の指定を受け、583人の看護師が研修を終えました。
     聖マリア病院が研修対象とするのは、21区分38行為のうち、呼吸器(長期呼吸療法に係るもの)関連の「気管カニューレの交換」、栄養及び水分管理に係る薬剤投与関連の「持続点滴中の高カロリー輸液の投与量の調整」と「脱水症状に対する輸液による補正」−の2区分3行為です。2017年秋以降に研修者の募集を行い、2018年4月からの研修開始を予定しています。(広報部)


     <続報>
     聖マリア病院では2017年11月1日(水)より、看護師特定行為研修受講者の募集を開始します。締め切りは12月4日(月)です。
     募集要項など詳細はこちらのページをご覧ください。
     

     <参考> 厚生労働省・報道発表資料